竹村高志税理士事務所ブログ

岡山・倉敷 会社設立・法人税申告サポート

【資本金を増やすには】岡山・倉敷会社設立・法人税申告サポート

2011/09/02

はじめは、資本金の額はいくらでも良いと思い、
数十万の資本金で設立したものの、
その後、取引先が増えていく中で、増資をした方が
よいのでは…と思うようになった、という社長もいらっしゃいます。
(取引先は、「債権をきちんと回収できるか」という観点で
 資本金を見ます。つまり、会社の安全性や信用力を
 資本金の額でもチェックするのです)

金融機関からの借入金を増資に充てることはできませんが、
たとえば、社長や取締役から会社が借りたお金を
株式振り替えることで、増資をはかることはできます。
(現物出資といいます)
会社の貸借対照表上、負債が減って資本が増加するので、
自己資本比率が向上します。

もちろん登記申請は必要になりますが、
設立後に、社長個人が運転資金のために
会社に入れたお金も資本金に替えようと思えばできる、
ということを知っておくだけでも、
選択の幅は広がるのではないでしょうか。

この記事のコメント

※記事に対するコメントは、審査したものを掲載しています。

名前

E-mail

 ※E-mailは掲載いたしません

URL

 ※URLは名前にリンクされます

コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.okayama-kessan.com/mt/mt-tb.cgi/130

※記事に対するトラックバックは、審査したものを掲載しています。

Copyright © 2010 竹村高志税理士事務所 All Rights Reserved.